【田辺哲男】ビッグバスパターンアカデミー

ルアーマガジン
スポンサーリンク

ビッグバスパターンアカデミー 秋・冬編!

今月のルアマガに8月30日発売という告知が掲載されていました。

今年の春先に【春・夏編】が発売して、私も買いました。
雑誌は好きですが、書籍ってあんまり買うことはないんです。

でも、この本は買ってよかったと思うし、オススメします。
なので当然、【秋・冬編】も購入しました。
これで一年間のシーズナルパターンを網羅。一生安泰です。

さて、私が絶賛したところで、それを信用してくれる人はほとんど皆無でしょうから、どんな本なのか紹介します。

週間カレンダー方式なので、読みやすい・活用しやすい

〇月の第〇週という形で毎週のネタがまとめられていて、
田辺哲男さんがオススメするその時期のシーズナルパターンを会話形式で教えてくれるんです。

だから、例えば「9月8日に釣り行くけどどんな釣りをしようかなー」と思ったときに、
8月第3週あたりから9月第3週あたりまでの記事を読めば、その時期の釣りでキーになることがなんとなくわかるということです。

この本の一番いいところは、いわゆる書籍らしく“買ったら最初から最後まで読み切らないといけない”ということが無いんです。

どういう事かと言うと、自分に必要な部分だけ、必要な時に読めば十分に役に立つのです。
だから、書籍だからといって全く気負わずに読める(笑)

なんなら防水ケースにでも入れて現場に持っていってもいいかもしれません。

それに、普通の書籍と違って、一回読んだら終わりでもない。
たぶん一生といってもいいぐらいに半永久的に読めるでしょうね。バスがバスである限り。

また、その週のパターン紹介だけじゃなくて、田辺さんが実際に得た経験をまとめたコラムなんかもあります。

私も含めて一般的な普通のサラリーマン・サンデーアングラーだと、どうしても同じフィールドに通わざるを得ないですよね。
かなり幅広く行ったとしても、相模・津久井湖、富士五湖、霞ヶ浦・利根川水系、房総リザーバーといった感じでしょうか。
あとは牛久沼とか多々良沼とか。

まぁ上記のレイクすべてにまんべんなく通えるとしたらすでに相当な経験値をお持ちの方かと思いますが、
普通はそんなにいろんなフィールドでいろんな状況・パターンの経験値って得にくいものだと思います。

それを、こういったコラムなんかで様々な地方で田辺さんが感じたことをまとめてくれちゃったりしたら、それは相当得るものがあるわけですよ。
ただ知らないフィールドだからっていうだけじゃなくて、なんせ田辺さんが感じたことですからね!

あんまり内容を書いちゃうと出版社から刺されてしまいそうなので、レビューはこんな感じで。

ビッグバスパターンアカデミー。オススメです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました