2019年11月3日(日) 荒川・入間川釣行

荒川・入間川
スポンサーリンク

自然災害の多い2019年・秋

2019年の秋は、雨による災害が目立ちます。

台風15号(9月9日)、台風19号(10月12日)、豪雨(10月25日)と連続して大雨が降っており、私が住む関東圏にも大きな爪痕がいまなお残っています。
自宅近所の越辺川も、堤防が決壊してニュースになりました。

埼玉県民を盛大にディスった映画「翔んで埼玉」が流行ったように、埼玉県はこれといって自慢できる観光資源なんかが少ない地域だと思っていますが、
良い部分としては自然災害の少なさが売りだと思って30年間育ってきたので、これほどまでの自然災害が起こったことは記憶になく、正直想像以上でした。

私は毎日、川を4つ越えるルートで通勤しているので、当然川の様子を見ながら橋を渡るんですけど、
雨のあと1週間が経過してもなかなか濁りが取れず、流れも速いままの川を眺めては「釣れなそう」とか、「いや、流れを避ける場所を見つけられればむしろ連発もありかも?」とか、そんなことを毎日考えながら通勤していました。

そしてついに!ついに!やっと!釣りに行くお許しがでました(笑)
先週、サンリオピューロランドで散財して家族サービスしたおかげですね。
帰りの高速道路で「行かなければリール買えたなー」と考えていたことは忘れます(笑)思い出はプライスレスです!

人生最初の釣り友達(初心者)がパートナー

今回の釣行は、小・中学校の同級生を誘いました。
小学3年生の時に漫画「グランダー武蔵」に一緒にハマり、最初にバス釣りに魅入られた友達です。

ただし、彼は釣りよりもサッカーに本気だったので、その後バス釣りブームからは離れてしまい、実はいまだにバスを釣ったことがないのです。

先日、友達の結婚式で再会したときにそんな話になり、今度一緒に行こうよ!となり、今回の釣行になりました。

私としては、自分が釣ることは二の次でいいので、ぜひとも彼に人生初バスを釣ってもらいたいという思いで準備にも熱が入りました。

事前に考えた釣行プラン

釣行前の私のプランとしては、荒川ではなく入間川をメインにしようと考えました。

理由は、
① 私の経験上、荒川よりも入間川の方が水温が高いので、日に日に水温が低下している今の時期には、少しでも水温が高いほうが良さそう。
② 荒川よりも入間川の方が上流にダムが少ないので、濁りや流れといった雨の影響が落ち着いているのでは?
と考えたからです。私の予想なので信頼度は低いですが、考えることが楽しいのです。

ちなみに、入間川の上流には、有馬ダム(名栗湖)というダムがあります。
一応、もうひとつ、笹井ダムというのもあるんですけど、笹井堰という表現もされており、ダムとしての規模はかなり小さい、ただの堰といった感じです。

荒川の上流には「秩父4ダム」と称される、滝沢ダム(奥秩父もみじ湖)、二瀬ダム(秩父湖)、浦山ダム(秩父さくら湖)、合角ダム(西秩父桃湖)があり、その下にはさらに、玉淀ダム(玉淀湖)もあります。

合角ダムや浦山ダム、玉淀湖はバスフィッシングの釣果話もたまに聞きますね。
玉淀湖はカートップじゃないと難しいですが、合角ダムなんかはトレーラーも下ろせます。

話がそれましたが、おそらく、入間川よりも荒川の方がダムの数が多いため、雨が過ぎ去った後でも放水がダラダラと続き、濁りや流れが落ち着かないんだろうなと思っています。

6時、スロープ着。路面状況は最悪

スロープまで行く道はかなりぬかるんでいて、4駆車じゃないとかなりキツい感じ。というか2駆だとたぶん無理。
でも、4駆なら行けなくはない。というぐらいの状況でした。

ただ、スロープがある広場(駐車場?)の方が泥でグチャグチャで、進む道を考えないとすぐにスタックしてしまうほど酷い状況でした。
実際に私も何度もスタックして、前にも後ろにも進めなくなったりしてかなり焦りました。

私の車は旧型 CX-5のディーゼル・4WD仕様。
オフロード専門の車ではないですが、ガタガタのドロドロの道が全然ダメというわけでもないです。
それでも何度もスタックしまくりだったので、よっぽどオフロードに強い車じゃない限りは、しばらくは控えた方がいいかもしれませんね。

写真で見るよりも実際の方がグチャグチャでしたので、参考までに。慣れていない人は、甘く見ないほうがいいですよ。

ちなみに朝6時過ぎの時点で、私たちが到着した時にはすでに1艇が出船していた様子。
3連休の中日で2艇だけなんて、相当釣れていないのか?もしくは大雨の影響もあってみなさん自粛しているのか?そんなことを考えながら我々も出船しました。

予定通り入間川を遡上

出船してすぐに異変に気付きました。
前回、お盆の時期に船を出した時とは、景色がまったく変わっていました。

私が知る入間川の岸沿いは、木々がうっそうとしていて、草も伸び放題というイメージで、
ヘラブナ釣りの人やオカッパリの人が作った獣道がたまにあるぐらいの河川敷でした。

それが、岸は削られてエグれ、草もなくなって石が露出し、木は斜めに押し倒されているような状況になっていました。

あまり頻繁に入間川の状況を見ているわけではないですが、
それでも「あれ?ここってこんな感じだったっけ?」と違和感のある場所がたくさんありました。
本当に自然災害のパワーと恐ろしさを痛感しました。

そんな感じで景色(地形)の変化を感じ、タフそうだなと思いながらも、
朝イチということでスピナーベイトや羽根モノといったテンポよく探れるルアーで状況をチェックして釣り上がって行きました。が、特に反応は得られず。

基本的には川幅が広がって水が巻くエリアや、大きなレイダウン(というか流されてきたであろう木)の下流側など、大雨の水を避けられるスポットを重点的に撃っていきました。

規模の大きいウッドカバーなどの要所では、下流側・真ん中・上流側と、丁寧にラバージグ+ビッグエスケープツインでカバー撃ちもしていきました。

ところが、本当になんの生命感も得られず……。

水が巻く側・当たる側を意識しながら釣り上がっていったところ、何の反応も得られないままあっという間に入間大橋まであがってきてしまいました。

途中、オカッパリの人はバスアングラーもヘラブナ釣りも何人か見かけました。
草木が無くなってオカッパリからは釣りしやすくなったんでしょうね。釣れるかどうかはもちろん別問題ですけど。

そしてどんどん釣り上がり、出丸冠水橋手前のテトラ帯でも少し粘ってみましたが、安定のノーバイオ(ノーバイト以上に生命感のかけらもない状態)。

出丸冠水橋よりも上流のエリアは、お盆の時期にいい思いをしたエリアなので、それはそれは丁寧に釣り上がっていきましたが、何もなし。

そんな感じで釣り上がって行くと、驚いたことに、以前よりも川幅がかなり広がったように感じました。
そしてかなり流れが急流に。エレキのスピードを最大のハイバイパスにしてもボートの維持しかできないほどでした。

水深は意外とあるので、エレキでは上がれないけどエンジンを使ってさらに上がっていくと、菅間の堰が見えてきました!

以前はここまで上がる前に浅すぎてそれ以上は上がれない、という場所がありましたが、
今回は全然そんな場所はなく、菅間堰までの障害は流れの速さだけとなっておりました。

菅間堰下流でボトムドリフト

菅間堰の近くまで上がっていくと、テトラの対岸(オカッパリでは攻めにくい側)では石がゴロゴロと入っていてハードボトムになっており、水通しも当然いいので、スモールを狙うには絶好の雰囲気。

この場所でスティックイットをボトムに刺して船を固定し、流れに乗せてハードボトムをドリフトさせてみましたが、これまた意外なことにノーバイオ。
けっこう長い時間粘って、ヘビーダウンショット、ヘビーキャロライナリグ、バイブレーション、クランクベイトなどいろいろと手を変え品を変えて攻めましたけど、アタリのひとつもない状況。

昼の12時を過ぎてオカッパリの人たちも帰っていき、その後もしばらく粘ってみましたが、何もなし。

なんとか1匹釣るための作戦に変更

13時を過ぎたので最上流は見切り、スロープに戻りながら、ノンキーサイズでもいいからとにかく1匹釣るプランに予定変更。
釣り上がってくる際にはスピナーベイトやクランクベイトを多く投げていたので、今度はヘビキャロをメインにして釣り下ることにしました。

川の流れに流されながら、エレキは極力踏まずにテトラ沿いをドリフトさせていきましたが、いつもならアタルはずのブルーギルですらアタらず。

時折、水面で小魚がピチャピチャしているような箇所では何回か流しなおしたりもして、かなり丁寧に撃っていくもノーバイト。

最後の手段として、いつもの手堅いボウズ逃れパターンである、沈みテトラでのライトリグ作戦に一縷の望みを託しました。

しかし、かなり粘り強く丁寧に攻めたつもりですが、結局は1度のバイトも無く、完全試合で完敗という結果に終わりました……。

他に試していないこととして考えられるのは、荒川だったら釣れたのか?
気になる部分も残っていましたが、夕方からは雨予報だったこともあり、雨が降ってスロープがドロドロになったら帰れなくなりそうなので、3時ごろに早上がりとしました。

スロープに着くと、私たちが出船したあとにもう1艇出船していたようです。
結局この日は3艇出ていただけのようですね。
果たして何匹釣れたのか?答え合わせがしたいところですが、わからず仕舞いで終了でした!

というわけで、魚の釣れない釣行記を最後まで読んでいただきありがとうございました。
読んでいただいた方のお役に立てるような記事を書けるように次は頑張ります!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました