2019年8月11日(日) 荒川・入間川釣行(後編)

荒川・入間川

世間は最長9連休の2日目。
私にとっては6連休の初日となった、お盆の荒川・入間川釣行記の後編です。

スポンサーリンク

気温も上がってきた10時。ここから後半戦! 終盤戦……?

スロープに5時集合した時点で、

今日は何時ぐらいまでできますかね?

(体力的な意味で)

まぁ11時ぐらいでしょ

なんて会話をしたんです。
天気予報は最高気温35℃なんて言ってるし、まぁそんなもんかなと。

5時30分出船で11時までっていうのはちょっと物足りない、いやかなり物足りない!とも思いましたが、実際最近の暑さはヤバイですからね。

オッサン臭くてあまり使いたくない表現なんですけど、昔はこんなに暑くなかった気がします。
なんか「昔はさぁ」とか「オレらの時代は」とか聞くと、ドッと老けこんだ気になります……

まぁ出船時にそんな会話をしたもんだから、10時過ぎなんて、すでに後半戦どころか終盤戦に入っちゃっているわけですよ。
なんならもう、武道館目前でみんなしてサライ歌っちゃってるよ!的な。

そこで「意外と曇ってるし案外涼しいっすねー」とジャブを撃ってみる。

すると「曇ってると風が吹いたら涼しいねー」と先輩もまんざらでも無さそうなので、「入間川最上流まで攻めますか!」と提案したら「いいねー」と。
そう、結局のところ、みんな釣りが好きなんですよねー(笑)

無風の入間川。他の人たちはカバー撃ちがメインの様子

我々は荒川でとりあえずの子バスパターンとして持っていた[沈みテトラのエッジをライトリグ]という釣りを押し通します。
なんせ私はこのままだとデコってしまう状況ですから。

しかしイマイチ。というか荒川の方が生命感があったかな?という感じ。

そこで一気にエンジンで最上流を目指します。

アルミボートで行ける最上流は、有名な菅間堰のちょっと下流のあたりまで行けます。
そこまで上がるとカレントもかなり効いているし、水深もあまりなくてバスの居場所が絞りやすいんじゃないかという安易な発想です。

気温35℃ 晴天無風の入間川でパラダイスを発見!

最上流付近まで上がってきても水はかなり濁ってる感じ。

川島町の排水機場から流入している安藤川という川の水が一年中かなり濁っているため、おそらく入間川の水質は基本的にこんな感じなんだろうと思います。

水深は50cm~2mぐらいで、全体的に浅いイメージ。
車でエントリーしやすいテトラ帯にはオカッパリアングラーも多数。
そんなところをスピナーベイトやチャターを巻きながら釣り上がって行くも、ノーバイト。

さらに上流へ上がっていくと、オーバーハングがいい感じになってきました。

そこで、家からリグってあったのに一投もしていない野良ネズミのタックルがあるぞ!と気が付きました。

野良ネズミ。

ティムコ(TIEMCO) 野良ネズミ
created by Rinker
ティムコ(TIEMCO)

房総のリザーバーを中心に数年前から流行り始め、いまではなかなか買えないルアーとなりました。
しかし、ショップで見つけた際にミーハー気分で買ったきり、全然使っていませんでした。

そして、動画で見たように、野良ネズミをオーバーハングにスキッピングさせると、

!!!!!

なんだこれ!? めちゃくちゃスキッピングするぞ!と。

ちなみに私、スキッピングは基本的にできません。
ファットイカでスキッピングさせると、2回に1回はバックラッシュします。
成功する1回も、60点ぐらいのスキッピングです。
スピニングタックルでのスキッピングはこの時が初めてです。

率直な感想としては「そりゃあ、このルアー売れるわ」と。

そこからはキャストが楽しくてスキッピングさせまくり。
ボート手前に着水したゴミキャストですら、そこから滑るようにオーバーハングの中へ吸い込まれていくからもう最高ですよ。

そしてチョロチョロのインレットに入ったところで、待望のバイト!

「そりゃあ食うよね」なんて調子に乗りながらフッキングすると、40cmはあるだろうというラージマウス!

ボート際まで寄せてきたところでジャンプ!
そしてルアーが返ってきました。

これはかなりショック……

野良ネズミも裂けちゃってるし。

エラストマーって触っている感じだとかなり針持ち良さそうだと思いましたが、さすがに1匹釣ると壊れるのかな?
なんて考えながらも、また野良ネズミをリグります。

ちなみにこの時のタックルは、ノリーズのハードベイトスペシャルHB660MLS-SGtPE0.6号の直結でした。
下調べなど無しで、なんとなくのイメージでこのタックルにリグりましたけど、これはマジメに検証する必要がありますね。
この釣りはアリです。レッグワームのダウンショットと同じくらい一生の友達になれそうです。

ゲーリーヤマモト レッグワーム2.5”
ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)

気を取り直して、まだまだオーバーハングをスキッピングで攻めていきます。
ぶっちゃけ、キャストしているだけでも相当楽しんでます。

そして濁りの元凶、安藤川との合流点まで到着。
あきらかに安藤川の水が濁っていて、水の境目がはっきりとわかるほど。

そして安藤川の影響を受けていない本来の入間川の水はかなりクリアでした。
そして水がキレイな方の護岸沿いではベイトがかなりピチャピチャ跳ねてます!

これはパラダイスを見つけたなと、勝手に確信しました。

ネズミが足りない! そこにバスはいるのに!!

濁りの境目を過ぎて、クリアウォーター側のオーバーハングにスキッピングすると、
まさに一等地!という感じの場所で思い通りにバイト!!

またもや40cmはあるだろうというラージマウスの魚体が見えました。

さっきのバラシが頭をよぎり、二回も追いアワセしました(笑)

しかしまたもや近くまで寄せてきてからのジャンプバラシ。
「うわッ、マジか!」と思いつつも、
一等地にスキッピングで逃げ込むベイトフィッシュを演出してでかい魚がバイトするという、思い通りの展開にけっこう満足度は高め(笑)

そしてまた1匹が殉職……

それでもあまりの楽しさに、挙句の果てにはオーバーハングがない沈み護岸の上や、流心でもスキッピングする始末(笑)

しかし、これがまたすごくって、スキッピングに誘発されてなのか? そこらじゅうでボイルが発生!!
もうね、このルアーのポテンシャルはヤバすぎっすよ。

こんなパラダイスは滅多に味わえない!とテンション爆上がりで一等地オーバーハングにスキッピングしたら、結構複雑に絡まってPEラインが切れてしまいました。
ネズミも戻らず……

そして、野良ネズミは1パック3匹入り。つまりは弾切れです……
その後はペンシルベイトでボイル撃ちを頑張りましたが、釣れず。なんならボイルもしだいに無くなってしまいました。

もしかしたら、たまたま良い時合いに当たったのかもしれませんね。

アルミボート釣行からのオカッパリ

そしてボートがそれ以上は上がれないという浅さになってきて、
でも「この辺が今日一番雰囲気いいよね」という感じだったので、いっそのこと砂利浜にボートを打ち揚げてオカッパリ開始!

半ズボンにサンダルスタイルだったので、川に立ちこんで釣りをするとかなり気持ちいいです。

流心が対岸側に寄っているので、そこのボトムをライトリグでドリフトさせていれば適当にスモールが釣れるだろうと考え、ネコリグで粘ります。

が、予想に反して全然釣れず。

12時を過ぎて太陽も出てきて、かなり暑くなってきました。
先輩は得意のチャターを巻いている様子。

さすがにピーカンの日中で強すぎじゃない?と思っていると、
25cmぐらいのスモールが釣れていました。

モグラチャター恐るべし。ホントによく釣るわ。

でも再現性無さそうだし、暑くなってきたし、ということで
オカッパリをやめ、再びボートに乗ってエンジンで一気に下ります。

気持ち的にはもう終盤戦。というか完全に締めに入っています。
上がる前にデコ回避のために1匹釣って、早上がりだな。といった感じ。

荒川・入間川のデコ回避術

荒川・入間川には何の目的なのか?よくわからないけど、沈みテトラがけっこうたくさんあります。
しかも、蛇行しているところのアウトサイドとかじゃなくて、すごく真っ直ぐなストレッチとかに。

個人的な予想(ちゃんと調べてはいないのでただの予想)としては、まだ秋ヶ瀬の堰ができていない頃なんかは水位が今よりももっと低くてちょうど役割を果たせる位置にあったのかな?とか思っています。

それでこの沈みテトラのエッジだったり真上を適当にライトリグで攻めると、小さめのスモールはよく反応してくれる気がします。

これが、私的には荒川・入間川の安定したデコ回避術となっています。

そしてこの日も、野良ネズミで興奮するいい釣りができて満足度はかなり高かったものの、一応まだデコっている状況。
ちなみにバックシートの先輩はグッドサイズのラージ1本と、小さいながらもスモール3本と、まぁまぁ釣り負けてます。

なので、入間川上流からスロープまでの沈みテトラを流しながら戻り、1本拾って帰る作戦です。

マックスセント ヒットワーム4.5インチのネコリグでしばらく流していると、やはり!
安定の20cmいや、15cmくらすのスモールちゃんが釣れてくれました!

そこからもしばらくライトキャロやネコリグで攻めましたが、結局その後はノーバイト。

安定のデコ回避術とか言いながら、実際はかなりギリギリの釣果を搾り出し、帰路についたのでした。

ちなみに帰り道に釣具屋で野良ネズミを買い足したことは言うまでもありませんね。
調子に乗ってオリジナルサイズだけでなく、野良ネズミマグナムとエンペラーも2色ずつ買いました(笑)

今後は野良ネズミ用のタックルセッティングなんかも検証して紹介できればと思います。

以上! 写真のないテキストオンリーのブログを最後まで読んでいただきありがとうございました。
次からはしっかりと写真を撮るように心がけますね(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました